最近注目されている職業|日本語教師になるための講座を受けよう

日本語教育を職業にする

男性

日本語教師は、訪日外国人の増加等によって需要が拡大している職種です。外国語としての日本語を教えるという特殊性から、専門的なスキルが求められます。専修学校等の日本語教師養成講座を受講すれば、多くの日本語学校が設けている採用条件を満たすことができます。

需要が高まっている職業

女性

言語の他にも勉強が必要

近年では、日本に来る外国人も多くなり、日本語にも注目が集まっています。そこで需要が高まってきているのが日本語教師です。日本語教師は、母国語が日本語ではない人に日本語を教える仕事です。日本語教師になるのに、資格は必ずしも必要ではありません。しかし、やはり色々な面から考えても資格は取得しておく方が良いでしょう。資格を取得するのに近道となるのが、日本語教師養成講座を受けることです。この講座は文化庁によると、日本語教育必修科目の最低習得時間とされる420時間の履修を受けることができる講座のことを言います。資格を取得しなくても日本語教師になることはできますが、この講座を受けて、日本語教育能力検定に合格することで、より多くの学校で日本語を教えることが可能となります。では、具体的にどういった勉強をすれば良いのでしょうか。日本語の読み書き、会話ができれば日本語を教えられるのかと言えば決してそうではありません。日本語のしくみを理解し、伝えることができなければなりません。その他にも日本の歴史や音声学、心理学なども必要となってきます。外国語を習得するというのは、日本人が英語を学ぶのと同じで、文法などの仕組みを理解しなければなりません。例えば助詞や助動詞の活用法など、普段日本語を話していると自然に使用してるため、改めて教えるとなるとわからなくなってしまうこともあります。日本語教師になるには、文法や日本語の仕組みを勉強すると共に、教え方も勉強する必要があります。

日本語の教師を目指す学校

教材

日本語教師を目指すための講座は基礎課程と実践コースに分かれており、始めは基礎課程の講座から学びます。基礎課程は420時間のカリキュラムで構成されており、修了することで日本語教師になるための資格を得られます。

日本語を教えたい

ウーマン

日本語教師は、とても人気がある資格です。講座を扱っている専門学校も多く、利用されている方も多いです。高額な費用がかかりますが、やりがいのある仕事です。また、海外の方と触れ合い視野も広がることでしょう。