最近注目されている職業|日本語教師になるための講座を受けよう

日本語の教師を目指す学校

教材

基礎課程のコースから学ぶ

日本語教師になりたい場合には、学校で日本の言語や文化を学ぶための講座に通う必要があります。日本語教師になるための講座は日本語や日本文化の基礎を学ぶコースと、基礎を既に身に付けている人が学ぶ実践コースの2つに分かれます。基礎課程のコースでは日本語教師を養成するための、標準的なカリキュラムが組まれており、講座の総時間は420時間になります。日本語教師を募集するときは、420時間の基礎課程を修了していることが条件になっていることが多いため、基礎課程コースを学ぶメリットは大きいです。日本語教師の基礎を学ぶ講座のカリキュラムは、1年程度の期間で組まれていることが多く、最短でも半年はかかります。基礎課程の講座に通う費用は50万円前後で、理論を始めに学び理解が進んだら実技や教育実習に進むのが、基礎課程の一般的なカリキュラムです。420時間の日本語教師としての基礎を学ぶコースは、どこの学校に通っても講座の内容やカリキュラムに、大きな違いはありません。ただし学校によって、実技や教育実習の多い授業を多く取り入れている事があるため、学校を選ぶ際には講座のカリキュラムに注目します。実践コースは420時間の基礎課程を修了している人を対象としており、カリキュラムは実技や演習を中心として組まれています。日本語や日本文化を教えるためには、多くの経験が必要になるため、日本語教師としての経験が不足している人に適した講座になっています。