最近注目されている職業|日本語教師になるための講座を受けよう

日本語教育を職業にする

男性

知識は専修学校等で学べる

日本語教師は、日本語を母語としない人たちを対象に、日本語の文法や会話などを教える教育職です。留学や就労を目的として日本に滞在する外国人の数は年々増加しています。また、漫画やアニメなどを通して日本文化に興味を持ち、自国にいながら日本語学習を目指す人も増えています。こうした事情から、日本語教師の需要は今後まずます高まるものと考えられています。日本語教師には教員免許などの公的な資格は必ずしも必要ありません。では何が必要かというと、当然のことですが日本語教育に係る専門的な知識と能力です。現在、多くの日本語学校では、日本語教師を採用するに当たって次の3つのうちいずれかを満たしていることを条件としています。1つめは大学で日本語教育を専攻していること、2つめは日本語教育能力に関する検定資格に合格していること、そして3つめは日本語教師養成講座で420時間の講義を受講していることです。このうち、3つめの「420時間」については若干の説明が必要です。この数字は、国が2000年に公表したガイドラインの中で示した、日本語教師養成に必要と考えられる教育内容を満たすための目安となる時間です。これを多くの日本語学校が採用条件にしていることから、専修学校等に設置された日本語教師養成講座もそれに見合った講義時間を確保しています。なお、こうした講座の中には国のガイドラインをクリアしていないものもあります。特に通信講座にはその傾向が見られます。ただ、その場合でも先に掲げた2つめの条件、すなわち日本語教育に関する検定試験に合格するための受験対策講座として活用すれば、受講することは決して無駄にはなりません。